症状改善法

Pocket
LINEで送る

うつをはじめ、心の病と毎日付き合っていると、うつ感以外にも体に不快な自覚症状が出てきます。

その、一つとして肩こり等がありますよね。

頑固な肩こり、首が凝る等の症状はなんとかしたいもの。

いくら揉んでも、湿布を貼っても治らない。

 

 

 

 

 

 

 

今まで、肩こりの経験もなかったのに、心の病気にかかってひどくなるケースもあるんです。

原因の一つに、スマホ首(ストレート首)と言うものがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回はストレート首かも?と感じている人や、原因不明の肩こり、首のこりに悩んでる人に、改善のための一つの方法をご紹介します。

私も、この方法で肩こり、首のコリが劇的に改善しました。

 

近年、スマホの普及により、このような姿勢をとっている時間が長くないでしょうか。

重い頭を支える首には、相当無理がかかっている形となります。

左側の写真がいわゆる「スマホ首」=ストレートネックです。

正常な頸椎とは、右側の写真となります。

正常な頸椎は緩やかに湾曲しており、頭からの圧力を分散させています。

ストレートネックに陥ると、その圧力が分散できなくなり、首の筋肉や椎骨(ついこつ)に多大な負担がかかります。

椎骨とは、首の部分(頸椎)から胸椎、腰椎、仙椎と、しなやかに連なっています。

あなたの頭は、これらの骨のパーツのよって見事に頭からの圧力を吸収しているのです。

頸椎から仙骨の間、腹側部分の椎体と、背中側部分の椎弓の間は中空で、これが上下に細長くつながりトンネル状の脊柱管となっています。

 

そしてこの脊柱管内大切な神経が通っています。ここに、何らかの異常な歪みがあれば、体調に異変をきたします。

 

それは、腰痛、首痛だけでなく精神的な面にも影響を及ぼすと考えられます。

体調が悪い人、うつ病の人などは、往々にしてストレート首や背骨のゆがみが原因である事が多いです。うつ病が先か体勢が先かわかりませんが、極端な猫背の人もうつ病になる人が多いです。

あと、複合的な形で肩こりを放っておくとコリが、ひどくなっていきます。

うつ病等になると、どうしても体を動かさないために、負のスパイラルになる人が多くなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、ストレート首を治す効果的な方法はあるでしょうか。

 

色々と調べた結果、以下の本を読む機会がありました。

 

「西式甲田療法」という名前で、私もこの本を手にするまで、初めて耳にする名前でした。

とにかく、本をさっそく本を取り寄せ本を読破しました。内容は中に漫画の解説も多くあり、とてもわかりやすい本でした。

 

うつ症状のヒドイ私の頭でも、体調が楽になる時間帯を使い最後まで読めました。

朝から、夜21時まで「ひどいうつ状態」と肩こりに悩まされていた私は、21時から本を読み始めて読み入りました。

 

内容は、甲田光雄(こうだ みつお)氏(甲田医院院長)と原因不明の難病(潰瘍性大腸炎)の他、悪性脱毛症、重度の花粉症に苦しむ赤池キョウコさん(イラスト作家・フリー編集者)の共著となっています。

 

1.断食 2.食事 3.運動・入浴 等 甲田先生特有の治療実践方法が書かれています。

主に、断食療法について書かれている部分が多かったのですが、数日断食ではなく朝食のみ抜く方法も、解説されています。

 

赤池キョウコさんは、難病・奇病・慢性病の3つの病気にかかっていました。

難病:潰瘍性大腸炎(一生治らないと医師にに言われた)

奇病:悪性脱毛症(女性なのに髪の毛が全部抜けてしまった)

慢性病:花粉症(重度)

 

現代医学からも見放されて、どうしたらいいのかわからず代替療法を探し

「西式甲田療法」にぶち当たった。

 

最終的に、「西式甲田療法」を実践することで、かかっていた3つの病気すべてが治ったという内容です。

 

【本の内容】

まえがき: 「だいじょうぶ私だってできたんですから」

「薬を使わずに小食・断食・体操で病気を改善させる指導を行う」医師がいる

「人間の自然治癒力に注目した治療法」

 

1: 西式甲田療法 マンガ体験記

 

2: なぜ私たちは病気になるのでしょうか?

食事、宿便、西式健康法とは

 

3: まず手始めにやることは?

さまざまな断食法

玄米食・生野菜・青汁・ビタミンC・生水・スイマグ

食事について

 

4: さあ、実践運動療法

西式六大法則+α

平床寝台・硬枕(こうちん)利用・毛管運動・合掌合せき運動・金魚運動

背腹運動・温冷浴・裸療法

 

5: 始めてみたい人へのアドバイス

まずできることから始めること

途中挫折しても大丈夫、再開すれば必ず効果は得られる

空腹をガマンするコツは?

断食は無理せず、専門の施設でおこなうこと

食への感謝の気持ちの大切さ

心の宿便とは?その解消法は?

プラスホルモンとは?

 

6: Q&A

 

以下画像をクリックしていただくと、本についてのカスタマーレビューを

読むことができます。

うつ病の私にとって助かったのは、赤池キョウコさんがイラスト作家であり、マンガがふんだんに使われており、非常に読みやすかったです。それでいて内容は濃いものでした。

当時は、「うつ病」も急性期でどん底の状態に近く、病院で処方された薬を服用していましたが一向に良くならず、ワラをもつかむ思いでした。

 

私はまず、朝食のみの断食を実践しましたが、わずか6日で断念しました。

それまで、毎朝朝食は抜かずに食べていましたし、うつ病の私には脳細胞に栄養が必要でした。

 

その頃はとにかく断食だと思っていたので一人でやるのは危険かもしれないと思い、

今度はネットで調べまくり、断食施設があるので資料請求までしていました。

 

断食施設に行くタイミングを考えていましたが、それなりの費用と時間が必要だし、なにしろ「うつ病」を患っている身では、施設に行けるかどうか自信がありませんでした。

朝食抜きだけでもガマンできなかったのに、本格的な断食は無理だと判断。他の方法を探しました。

「西式甲田療法」は断食だけではなく、硬い木の枕(硬枕・こうちん)を使って寝る方法があります。本当は布団に寝るのではなく下はベニヤ板のような平たい床の寝転がり、背骨を伸ばすのですが、道具も邪魔になるのでとりあえず(硬枕)を使って寝ることを実践したのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

硬枕(こうちん)はカマボコ型の木の枕です。中は空洞になっているので重くありません。

枕の高さのサイズがありますので、自分に合っているものを選びます。

目安は、自分の薬指の長さと身長によります。LとMで迷った時は低い方を選んでおくと大丈夫でしょう。

以下はアマゾンの木枕のサイトです。

 

以下は楽天の木枕サイトです。

ネットで検索するときは「木枕」か「西式木枕」で検索すると出てきます。

5,900円前後ですが、「メルカリ」等でも少し出品されてますので、

そちらですと少し安く手に入ると思います。

 

以下は西式健康法 西会支部のホームページです。

http://nishishiki.jp/

 

 

 

 

 

 

 

頸椎の中心が木枕の一番高いところにあたるように寝てください。

 

材質は高級桐製です。下記写真のようにカバー付きでなくとも、通常のタオル等を

都度巻いて使用すれば、木枕が汚れることもありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

重い頭を常時支えている頸椎、そして胸椎、腰椎は非常に大切な部分ですが、頭痛や病気になっている人は、ゆがみが生じていることが多いです。

 

木枕を使用されるときは、硬いので最初なれない内は枕をしても、とても

痛くてたまりません。痛いときは、無理しないようにしてください。

毎日やっていると少しずつ慣れてきて15分くらいできるようになります。

そのまま、寝入ってしまう方もおられるそうですが、私はそれはできないので、

10分位木枕をしたあと、通常の枕にチェンジして寝ます。

 

私は、これを続けて最終的にあのひどい肩こりや首のコリから見事解放されました。

今でも毎日使用しています。

 

今回紹介した本の中には、この木枕を使った「毛細運動」「金魚運動」などが紹介されています。

「西式甲田療法」は断食と、木枕を使用した運動ですが私は最終的に断食は一回チャレンジしたもののできませんでした。

それでも「木枕」を手に入れて使用したおかげで、ひどい肩こり・首こりから解放されたので、とても喜んでいます。

試してみる価値は十分あります。

アマゾンサイト

楽天サイト